若い子には婚活で勝てない?

「男性はみんな若い子が好き」「20代・30代には勝でない」

多くの40代女性がこう思っていますが、本当にそうなのでしょうか?

少なくとも私はそう感じたことはありません。

「引き立て役になるだけ」「どうせオバサン扱いされる」

もしそういう失礼な男性がいたとしても、「私からお断り」すべき相手である上に、あくまで少数派。あなたが相性や居心地のいい男性を探すのと同じように、男性たちも年齢ではなく、相性や居心地のいい女性を探しているのです。

その背景にあるのは、未婚率の上昇、不景気、震災の影響といった社会状況。若さや外見など「表面上の儚いもの(不安定)」よりも、相性や居心地のよさなど「内面上の永続的なもの(安定)」を重視する男性が増えています。

あなたも20代・30代のころは、男性に外見や収入など「表面上の儚いもの」を求めていませんでしたか? しかし、年齢を重ねるにつれて、相性や居心地のよさを重視するように変わったのはないでしょうか。つまり男女で変わらないのです。

共通するキーワードは、大人女性ならではのゆとりと包容力。それが前述した相性や居心地のよさにつながり、20代・30代にはない魅力として男性に伝わるのです。

特にここ数年、将来への不安や自信のなさから女性に包容力を求め、年上の女性を選ぶ男性が増えているのは、よい傾向でしょう。

「見た目、年齢」など、自分にとってネガティブな要素だけをピックアップして不安を抱くのは、フェアではありません。「人柄」「コミュニケーションカ」「生活・家事スキル」を含めた総合評価でバランスよく考えましょう。

あなたが考えているよりも男性たちは、女性をトータルで判断しています。

つい若い女性を目で追ってしまうことはあっでも、結局、選ぶのは、人柄や家事スキルなどをバランスよく備えた大人の女性なのです。

 

過去の恋愛を引きずっていると結婚できない

人生、仕事、恋愛……いずれに関しても、人間は3つのタイプに分類されると言われています。

1人目は「現在」のことばかり考える人、2人目は「未来」のことばかり考える人、3人目は「過去」のことばかり考える人。なかでも恋愛面で最も問題なのは、「過去」のことばかり考えてしまう人です。

もしあなたが「恋人と別れていなかったら今ごろ……」という空想、「どうしてあんなことをしてしまったんだろう」という後悔、「きっとまた失敗をしてしまう」という疑心暗鬼を抱いていたら、すぐに消し去りましょう。

「過去」が悪影響を及ぼして、「現在」の動きを止め、幸せな「未来」を描けなくなっているのです。

過去を払拭するためには、未来のいいイメージを積み重ねること。

「私は幸せになれる」「こんなカップルになりたい」「ここでデートをしよう」などといいイメージを持って過ごせば、脳がそれを実現させようとして体を動かしてくれるのです。

 

このことは、アスリートや営業マンが、「いいイメージトレーニングができると、よい結果を得やすい」と言われるのと似ています。

また、あなたには「これを見ると感動して泣ける」という映画やドラマはないでしょうか。結末のわかっている作り物なのに、脳が「これは感動的なものだ」といういいイメージを持っているので、なかば自動的に涙を流させているのです。

いいイメージを持つことはとても大切なことです。いつもいいイメージを描くことで、脳がネガティブからフラットへ、さらにポジティブへと変わっていくでしょう。

通常、過去の経験は、現在や未来に生かせるものですが、「恋愛に関しては過去から抜け出せない」という人も多いだけに、常にいいイメージを持つことを忘れないようにしてください。

それが結婚へとつながっていくのです。

 

まずは過去の恋愛を思い出してみよう

新たな恋へ進むためにまず行なってほしいのは、これまでの恋を振り返ること。

あなたは、「まさかこの歳で恋人や夫がいないとは思わなかった」という誤算や、「私か未熟だった。見る目がなかった」という自責、あるいは「運が悪かった。理由がわからない」という逃避などのモヤモヤした気持ちを抱えていませんか?

過去の恋愛には、そんな心のモヤモヤや、現在の一人身に至る理由が隠れています。ひとつひとつの恋にフタをせず、向き合うことで前向きに解消していきましよう。

まず、今までの人生で最も好きになった男性を思い浮かべてみてください。

その男性はどんな人でしたか? いつどこで出会いましたか? どこを好きになり、どこが嫌いでしたか? どんなデートをして、どんな思い出がありますか? どんなときに幸せを感じて、どんなときにケンカしましたか? 交際に至るきっかけは?

どうして交際できなかったのですか? なぜ別れたのですか? なぜフラれたのですか? 会えなくなったときにどう感じましたか? 何か教訓は得られましたか? そして今、その男性のことをどう思いますか?

それが終わったら、他の男性へ。片思いで終わった男性も、交際した男性も、同じように思い浮かべていきましょう。恋をひとつずつ振り返っていくうちに、「そういえばあのころはこうだったな」「すっかり忘れていた」「これは繰り返しちやダメだな」など、何かしら気づくことがあるものです。

たとえば、「学生時代は、思い込みが強かった反面、一途さがめった」「20代は出会いをつくろうと努力していたけど、受け身すぎたかも」「30代は結婚ばかり考えていて、無理に相手を好きになろうとしていた」など、成功と失敗のパターン、成長と退化したところなど、あなたの恋愛傾向が浮かび上がってくるでしょう。

さらに、「意外とこういうタイプが好きなのかな」「もしかしたら学生時代のように純粋な恋愛をしたいのかも」などと、次の恋愛につながる発見があるかもしれません。

 

過去の恋愛を冷静に受け止めたり、自分の恋愛を客観的に見られたりするのも、今の年齢になったからこそ。大小を問わず、過去の傷や現在の寂しさは、ここですべて吐き出しておきましよう。

間もなくはじまる新たな恋は、過去の恋を「引きずりながら」ではなく、「経験を生かして」つかむべきなのです。今までの恋愛は「単なる失敗」ではなく、「貴垂な財産」なのですから。